MENU

氷川きよしの学生時代|デブきよしからモテモテに!変化がすごい!

2000年に「箱根八里の半次郎」で演歌歌手としてデビューした氷川きよしさん。

2019年にはジェンダーレスを公表し、ありのままの自分を表現しています。

すらっとしたスタイルが印象の彼ですが、中学生時代は太っていたことをご存じですか?

一方で、高校生時代はモテモテの学生生活を送っているんです。

そんな氷川きよしさんの気になる学生時代にフューチャーしていきます。

ぜひ最後までご覧ください!

目次

氷川きよしの学歴1|高宮中学校卒業でデブきよしと呼ばれていた

氷川きよしさんは1977年9月6日に、福岡県は福岡市南区に生まれました。

幼いころから歌うことが大好きだったそうです。

そしてもうひとつ、大好きなものがありました。

それは甘いものです。

その中でも、特に好きだったものがケーキでした。

近所のケーキ屋さんがあったことで、小学生のときから頻繁にケーキを食べていたそうです。

その結果、氷川きよしさんは小学生からどんどん太っていくことになりました。

氷川きよしの学生時代|デブきよしからモテモテに!変化がすごい!
引用元:Twitter

1990年4月に氷川きよしさんは、福岡市立高宮中学校に入学します。

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる